カテゴリー別アーカイブ: ニュース

平成30年度PTA専門委員・学年委員募集について補足

専門委員会(広報 ・ 保健校外 ・ 研修 ・ ホームページ ・ 女性ネットワーク ・家庭教育学級)に立候補した方が希望者多数で抽選に外れた場合は、「B.当たった場合はどの委員でも引き受けます」の扱いとして未確定の委員会の抽選に参加していただくこととしておりますが、お申し出があった場合には、全ての委員会の一巡目の抽選が終了した時点で、

  • 定員に満たない他の委員会へ立候補する
  • 「B」の扱いにならず残りの抽選への参加を辞退する

ことを認めることにいたします。皆様の積極的な立候補をお待ちしております。

なお、これに伴い、既に提出した応募用紙を修正したい場合には、選出委員会(info@takechu-pta.org)までご連絡ください。

平成30年度PTA専門委員・学年委員募集のお知らせ

daisy

平成30年度PTA専門委員・学年委員を募集をいたします。応募用紙にご記入の上,全員(複数のお子さんが在籍している場合は人数分)ご提出いただけますようお願いいたします。提出締切は2018年1月22日(月)です.

詳細は、お便り【PDF 184KB】をご覧ください。また,各委員会の内容についてはこちら【PDF  217KB】をご覧ください。

家庭教育学級閉級式及び第2回講座を開催しました

11月6日(月)、竹園交流センターにて、家庭教育学級閉級式及び第2回講座を開催しました。

講座に先立ち閉級式を行い、校長先生にご挨拶いただきました。

講座では、「温活♪からだ、冷えていませんか?毎日の食事で体温アップ!」をテーマにマクロビオティック料理研究家の小川原智子先生をお招きして食育講座を行いました。

野菜をたっぷり使った重ね煮のお味噌汁を、先生にデモンストレーションしていただき、小豆の玄米ごはんと七分づき米ごはんのおむすびを参加者の方にむすんでいただきました。シンプルなメニューでしたが、とても美味しく素材の味を感じることができました。

参加者の方からは、「とても分かりやすく簡単なのに美味しくて毎日でも作れそう。」「体も心も温まりました。」等の声をいただき、家でも気軽に体温アップを実践できる講座になりました。

今年度も、講座にご参加いただきありがとうございました。

平成30年度 PTA本部役員選出 抽選対象者のお知らせ

来年度PTA本部役員のうち、庶務 2 名と会計 2 名については、11/25(土) 9:30より抽選による選出を行います。抽 選対象者は以下のとおりです。なお、抽選対象となる方には個別にご案内のお手紙をお配りしておりますので、 あわせてご確認ください。

抽選対象者:
現 7,8 学年で 11/10(金)までに「立候補」「過去の役員委員歴」「免除希望」の申し出がなかった方。対象者のお子さんのクラスと出席番号はこちら【pdf 71KB】をご覧ください。

抽選会の詳細はこちら【pdf 86KB】をご覧ください。

修正のお申し出については、抽選会の直前に開催する選出委員会において、取扱いを判断いたします。なお、個別のお問い合わせに対する回答はいたしかねますので、ご了承ください。

県南地区PTA連絡協議会女性ネットワーク委員研修会 いばらき教育の日講演会に参加しました

11月11日(土)、茨城県県南生涯学習センターにて茨城県県南地区PTA連絡協議会女性ネットワーク委員会が開催されました。

「親も子も人間力を育てよう!」というテーマで土浦市、石岡市、かすみがうら市の3市合同で行った研修会や座談会、地域での取り組み(環境美化やお祭り)の発表、アンケート調査の報告があり、地域社会の大切さを伝えていました。又、茨城県県南教育事務所主任社会教育主事 若山隆雄先生からは「地域と学校の連携について」をテーマに、境町の「学校外活動推進委員会」と牛久市の「コミュニティ・スクール」の紹介がありました。

研修会に参加して、子育てには地域社会との関わりが重要なことを改めて感じました。子供の時に地域社会の良さを知ってもらい、将来もし市町村外に出たとしても、またここへ戻って来て欲しい。そんな思いが伝わった研修会でした。

竹園東中学校でも、地域の方々に協力してもらい、特別講座が行われています。

将来、世界に羽ばたいた竹中生が、たくさん竹園に戻って来てくれたら良いなと思いました。

女性ネットワーク委員会

 

PTA研修委員会企画『芸術鑑賞会』を行いました

11月9日(木)、竹園東中学校体育館において、「和ってなんだろう?」というテーマで和太鼓バンド音遊人(みゅーじん)による和太鼓演奏の芸術鑑賞会を開催いたしました。

熱気と迫力に満ちた和太鼓演奏で、生徒と演奏者が一体となって盛り上がった楽しいイベントとなりました。

生徒たちからは

  • 型破りのステージだった
  • ありふれた学校生活から抜け出せた
  • 太鼓の音がまるで自分の心音みたいに響いて凄かった

などの感想をいただきました。

研修委員会

 リハーサル

 迎え太鼓

 生徒も参加中